普段から防災の意識を持つ

安全に避難するための手順

地震

昔は地震の予知は動物の行動や空の模様で判断していましたが、現在では機械での計測によってかなり正確に、そして瞬時に予知できるようになっています。
実際に機械が揺れを検知した場合には、個人の携帯電話やスマートフォンに緊急地震速報が通知され、テレビなどでもほぼリアルタイムで情報が出ます。
地震の予知がされた場合には迅速に行動することで、自分や周りの人の身の安全を守ることができます。
地震の情報が入ってきたらまずは、落下物などから身を守る行動を取ります。
机の下に入ったり、クッションや雑誌などを使って頭を保護しましょう。
また大きな家具や窓ガラスから離れることで大きな怪我を防ぐことができます。
いきなり外へ出たりしようとせず、まずは揺れが収まるのを待ってから次の行動に移ります。
揺れが収まったらガスやストーブなど火の元を確認します。
万が一火がついたままの状態にしてしまうと次に揺れが来た時に火災の原因となってしまいます。
外へ避難する際はガスの元栓を閉め、ブレーカーも切っておきましょう。
次はドアを開けるなどして避難口を確保します。
テレビや携帯電話などで情報を確認し、避難の必要があれば非常用のリュックなどを持ち外に出ます。
津波警報が出ていないかなども確認し、安全な場所に避難しましょう。
地震の予知がされた時にどのような行動を取るべきなのか普段からシミュレーションをしておくことで、実際に地震が起きた時に慌てず行動ができるようになります。

安全を確保しよう

防災グッズ

大きな地震が発生すると、窓ガラスによって怪我をしたり、火災や津波にも気をつける必要があります。
日本は世界的にも地震が多い地域であるために、地震予知がとても重要となります。
地震予知の方法としては、雲の変化を観察したり地殻プレートや気候の変化によって地震予知をする学者も存在します。
もっとも現代科学では、まだ地震予知の精度は高くないために、日頃から自分自身で防災意識が大切となります。
防災のために、非常食や懐中電灯などを寝室に用意しておくと安心です。
またマンションに住んでいる人は、日頃から非常口の位置などの脱出経路にも配慮することをお勧めします。
大きな地震が発生したとしても、落ち着いて行動をすることがとても重要となります。
近年は携帯電話で、地震予知を行うサービスがあります。
数分後に地震が発生することを知らせてくれるサービスがあると、地震についての心の準備が可能となります。
災害時に一番やってはいけない事はパニックになって外へ飛び出すことです。
また車を運転中に揺れを感じた場合は、路肩に車を停車して、揺れが静まるのを待ちましょう。
また津波が発生しそうな場合は、高台に非難することが重要です。
市民会館や学校の体育館などが避難所となっている地域もあるために、日頃から自分が住んでいる地区の避難場所をチェックしておきましょう。
さらに、揺れを予知した場合は、台所の安全確保が重要となります。
台所からの出火に注意をしましょう。

情報提供しているサービス

防災グッズ

日本ではいつ大地震が起こってもおかしくないことから様々な研究がされていて、その一つが地震予知です。
観測所から得たデータから分析して、事前に大地震が起きるかどうかを予測しようというものです。
そんなことができるのなら、誰でもその情報を得たいのではないでしょうか。
事前に可能性を知っておくだけで心構えや準備を整えておくことができます。
最近では、この地震予測サービスを提供しているところがいくつかあり、このようなサービスを利用することで、自分だけでなく家族を守ることにもつながります。
そのサービスの一つは、直近の約1週間に起こる可能性のある地域などの情報提供をするというものです。
このサービスは関東地区が主な対象エリアで、有料会員向けのサービスです。
大学の名誉教授による情報提供ということもあり、かなり慎重性の高い情報です。
その他にも日本全国に対応しているサービスもあります。
地震ノイズをキャッチし、地震予知をして情報を会員にメールで知らせるサービスです。
日本全国に観測点を設けていることから、旅行や出張先でも役に立つサービスです。
スマートフォン向けの地震予知アプリも登場しています。
機能は限定されますが無料で利用することも可能です。
費用はかけたくないが、地震予知情報は得たいと考えている人には最適なサービスです。
また、有料登録をしておけばメールで情報が共有されるので、すぐに最新情報が知りたい場合に便利です。

普段から防災の意識を持つ

地震

地震の予知がされた時、揺れている最中に慌てて外に出ようとすると落下物や家具の転倒、ガラスが割れるなどしてとても危険です。まずは自分や周りの人の安全を確保し、揺れが収まってから避難することで大きな怪我を避けられます。どんな手順で避難するのか普段から考え、頭の中に入れておきましょう。

もっと読む

情報を活用し被害を防ぐ

波線

私たちの生活に大きな被害を及ぼす地震は、様々な徴候を解析することである程度は予知できるようになってきています。最近は地震を予知するサービスも登場しており、起こりやすい地域やその確率を知ることで身を守るのに役立ちます。

もっと読む

地殻研究以外の前兆情報

地球と地割れ

雲の形で地震予知ができるという研究者がいます。これまでの震災の前にも、特殊な形の雲が観察されています。地殻から発せられる電磁波が雲に影響を与えるためとも言われています。雲の形による地震予知を確定させるために、今後のデータ蓄積が必要です。

もっと読む