常に防災を意識しておく

防災を考える

女の人

近年は自然災害が多発しており、日本全国でも多くの自然災害に見舞われています。
このような自然災害の中で最も頻繁に起こり、被害が甚大なのが大雨と地震です。
今までは地震のみでしたが、近年はゲリラ豪雨や東南アジアのスコール並み雨が降り注ぎ、川の氾濫や土砂崩れが多発しています。
このように多発する自然災害で防災は大きな日本の課題となっています。
近年は地震予知の研究が進んでおり、一定の範囲である程度の予知が出来るようになってきました。
国内には地震予知をする専門家や地震予知のインターネットサービスが多くあり、様々な人にサービスを提供しています。
この地震予知の特徴は2つあります。
1つは地盤や地殻の変動です。
この地盤が変動する事によりゆがみが発生し地震が起きますが、この地盤の変動から地域や時期を予測するものです。
2つ目は電磁波です。
地震が起きる場合には大抵電磁波が出るといわれています。
この電磁波から地域や日時を予測するというものです。
どちらも必ずあたる訳でないですが、危機を事前に察知して防災行動をとる為には十分な効果があるとも言えます。
また災害があるかもしれないという意識を高めるだけでも防災効果は十分に高いと言えますので、このようなサービスが拡大してきていると言えます。
なおこのような予知サービスは多数の業者が行っていますので、様々比較検討して選ぶ必要があります。
またTVや雑誌などでも地震予知について言及する場合もありますので、気にしておく事が大切です。

情報を活用する工夫とは

スーツの人

日本列島は地震の発生源となるプレートの上にあるため、震度5以上の大きな揺れがたびたび発生しています。
これまでの経験は建築技術や防災知識へといかされていますが、突然の発生によって被害を防げないのが現状です。
しかし、長年の研究で予知が科学的に証明されはじめており、情報提供サービスの開始にまで至っています。
これまでは占いや迷信として分類されてきましたが、地震前に発せられるシグナルを機器でキャッチし、予想震源地を割り出すのが現代の予知です。
現代の地震予知は震源地から伝わっていく揺れの波とは異なり、発生の数日前から数週間前に提供される情報となります。
つまり、助かる確率を大幅にアップさせる準備が可能ですので、その時間を有効に使うべきでしょう。
まず最初に準備しておきたいのが、避難先の選定とルートが挙げられ、例えばAやBといった複数のコースを計画します。
家屋や建物が倒壊しても通れる広い道を選定し、徒歩で進めるコースがベストです。
車は渋滞に巻き込まれると火災時は大変危険であり、海側のエリアでは津波に飲み込まれる可能性があります。
市街地以外に山間部や海岸付近で災害の内容が異なるため、国土交通省が公表しているハザードマップの確認もポイントです。
このほか、避難時には食料や電気類が必要となりますが、地震予知情報に合わせた準備にも活用できます。
震源地が近ければ遠方に避難する準備を開始し、持ち運びにムリのない貴重品選びも可能です。
これらはリュックやカバンに入れられるようまとめておき、情報の確認とともに本格的な準備を開始します。

当たるところを探す

男性

遠出をしたくても、地震などの災害が起きたらどうしようと不安に感じ、なかなか旅行ができないという人は居るものです。
もちろん、あまり神経質に考えてしまうと旅行どころか、日常生活も満足に送ることができなくなってしまいます。
そこで、地震の予知をしてくれるサービスを活用してみましょう。
最近はアプリを利用して、地震予知の情報を自動的に受信できるサービスが多くなってきています。
これがあれば、ある程度の覚悟ができていいかもしれません。
もちろん、当たるかどうかは各サービスによって異なります。
このような情報を取り入れるのなら、当たると評判になっているサービスを探してみましょう。
インターネット検索をすれば、評判になっている地震予知サービスを知ることができるはずです。
また、地震を予知することによって、いろいろと準備をすることもできます。
例えば、お天気の状態などから推測するサービスもあります。
これを利用すると、近日中に地震が起きるかもしれないと予知することができるため、その間に防災グッズを用意するなど、いろいろと整えることができます。
もちろん、地震予知サービスを利用しなくても、日頃から防災グッズの用意は必要です。
また、家族で避難場所を確認するなど、連絡が取れるような状態にしておきましょう。
遠方へ行くことの多い人ほど、連絡手段が難しくなることがあります。
携帯電話の他にも連絡ツールを用意しておいた方がいいかもしれません。

普段から防災の意識を持つ

地震

地震の予知がされた時、揺れている最中に慌てて外に出ようとすると落下物や家具の転倒、ガラスが割れるなどしてとても危険です。まずは自分や周りの人の安全を確保し、揺れが収まってから避難することで大きな怪我を避けられます。どんな手順で避難するのか普段から考え、頭の中に入れておきましょう。

もっと読む

情報を活用し被害を防ぐ

波線

私たちの生活に大きな被害を及ぼす地震は、様々な徴候を解析することである程度は予知できるようになってきています。最近は地震を予知するサービスも登場しており、起こりやすい地域やその確率を知ることで身を守るのに役立ちます。

もっと読む

地殻研究以外の前兆情報

地球と地割れ

雲の形で地震予知ができるという研究者がいます。これまでの震災の前にも、特殊な形の雲が観察されています。地殻から発せられる電磁波が雲に影響を与えるためとも言われています。雲の形による地震予知を確定させるために、今後のデータ蓄積が必要です。

もっと読む